マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)って詐欺?詐欺ビジネスかどうかの見分け方とは?

ネットビジネスには残念ながら詐欺まがいのビジネスも存在します。
それによりネットビジネス自体のイメージの低下や極端な話「ネットビジネス=詐欺」と思っている人さえいるのではないでしょうか。

またネットビジネスは自分のライフスタイルや性格にマッチすると非常に便利な一方で間違った選択をしてしまうと以下のようなことにもなりかねません。

  • 稼げない
  • お金、時間を無駄にしてしまう
  • 借金または赤字になる
  • 本業に影響が出る
  • 信用を失う

こういった事もあるので気をつけて選ぶ必要があります。
稼げなかったという経験から「騙された、詐欺ではないか」と感じてしまうネットビジネス初心者の方もいるでしょう。
理不尽な書き込みや思い込みよって間違った認識をされる事もあるネットビジネスですが、当サイトで紹介しているマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)のように期待値の高いビジネスもあります。

今回はネットビジネスついて勘違いをしている方のために、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)が詐欺なのか、詐欺ビジネスとはどういったものを指すのかについて説明していきます。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)だけではなく副業、もしくはネットビジネス全般に興味のある方は知って得する情報も盛りだくさんなのでぜひご覧ください。

詐欺まがいビジネスの特徴は?マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)と比較する

詐欺かどうかを見分ける100%確実な方法は、実際詐欺にかかることしかありません。実際にはそういうわけにいきませんから、その手前で詐欺にかからないようにするためのアイデアが必要です。

なぜ詐欺のようなビジネスが横行したかというと、ネットは顔出し、名前出しが基本的にされないメディアだからです。匿名掲示板などは最たる例で、そこに書かれた情報は誰がどのような目的で書いたものか、分かるケースはほぼありません。その感覚で悪意をもった人間がネットで顔や名前を出さずに暴れまくったのが詐欺ビジネスの顛末です。

基本的に、詐欺まがいのビジネスは名前や顔などを出していません。ではそれらが出ていると安心かというとそういうわけでもなく、偽名だったり赤の他人だったりしました。ただし現在ではそれはできないようになっています。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)では、他のビジネスと比較して講師のような人物がいるわけではありません。元々いないのか、意図して露出していないのかまでは分かりません。

しかし、会社概要や利用規約、プライバシーポリシーなどは全て明記されています。ここを悪意をもって改ざんすることは法律に抵触するおそれがあることから、記載されたことは事実と受け取っていいと思います。そしてその内容は登記された内容と相違ありません。

この点だけを見ると、詐欺まがいのそれの雰囲気はあまり感じません。ではビジネスの内容から見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です