マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)を怪しいビジネスだと勘違いしている?!

何事にも勘違いということはあります。誰でも一度は経験があるでしょう。
認識のズレ、思い込み、過去の経験から「○○はきっと○○だろう」という判断をしてしまう事はあります。

そういった勘違いは時としてチャンスを逃してしまったり、失敗を招くこともあります。
そうならないためにも勘違いに気が付くということが大切です。

実は今でもたくさんの方が勘違いしている事というものがあります。
その一つがネットビジネスだと思います。

ネットビジネスは過去に悪質なものがありそれがニュースやメディア、ネットなどで取り上げられ拡散されたことで「ネットビジネス=怪しい」というイメージや偏見がある方も多いはずです。

しかし、すべてが怪しいビジネスではありません。
中にはお勧めできるビジネスもあります。そういったビジネスを副業として始めることで安定した収入や将来的なリスクヘッジにもつながるでしょう。

そこで今回は副業向けのビジネスとして優秀だと感じるマネーズライクについて詳しく紹介していきたいと思います。
詳しくは当サイトの最初のページで紹介しているのでそちらを見てみて下さい。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)の信ぴょう性と副業として稼げるのかについて

さらにその中でもこの記事ではマネーズライクが怪しいのかという点に的を絞り説明していこうと思います。

マネーズライクが怪しいと感じてしまう人ってどんな人?

やはりマネーズライクがネットビジネスであることやビジネスモデルがわからないという部分から怪しいと感じてしまう人はいるでしょう。

また、ネットビジネスについての知識が無い方や今までネットビジネスというそのものを知らなかったという方にとっても不安に感じたり、怪しいのではないかと思ってしまう事は十分考えられます。

インターネットで情報やツールを誰にも会うことなく購入するというには何か違和感を感じるという方もいるでしょう。
しかし、今では対面することなく商品を購入したり、販売をするということは当たり前になってきています。

ネットショッピングやオンライン販売など、人と人とが直接会うことなく商品が手に入るというのはメリットでもあります。
車で3時間かかるお店もネットで注文すれば買えますし、足が悪いという方でもネットなら簡単に商品を購入できます。

ネットビジネスもそれは同じです。
インターネットを通じて自宅や外出先でもビジネスを始めることが出来ます。

マネーズライクもそんなネットビジネスの一つです。
ネットビジネスを怪しいと感じてしまうのは無理もないですが、きちんと調べれば怪しいビジネスでないことは分かるはずです。
ネットビジネスやマネーズライクが怪しいと感じる方はネットビジネスを紹介するサイトを一度見てみて下さい。本当に怪しいのか分かるはずです。

マネーズライクが怪しい怪しいビジネスだと証明する事実はあるのか?

マネーズライクについては怪しいビジネスなのか調べてみましたが、それを証明するような情報やデータを見るけることはできませんでした。

マネーズライクをやっている人が自分の作業内容やその時のデータを提示して稼げないというのであればそれは怪しいビジネスという判断になると思いますが、今のところはそういったものは見つけられていません。

また、マネーズライクが仮に怪しいビジネスだとするなら公式サイトに「ビジネスを始めて1か月で1円も稼げなかったら2万円お支払いいたします!」というような記述をするでしょうか。

怪しいビジネスだったらここまでのことをしてくれるとは思えないというのが正直なところです。もちろんこれは個人の意見ではありますが、怪しいビジネスだったらすでに行方をくらませているのではないでしょうか。または過去に合ったビジネスを例にすると特定商取引に基づく表記に会社情報などを記さないのではないかと思います。

マネーズライクの公式ページにもネットビジネスには怪しいビジネスがあることに対する注意喚起をしていることが見て取れます。
怪しいビジネスだったらそもそもこんなことを書くことは無いでしょう。

むしろこうした注意喚起をしているという事はそれだけ利用者のことを考えてくれていると感じます。「ビジネスを始めて1か月で1円も稼げなかったら2万円お支払いいたします!」という表記も自社の商品に対しての自身の表れだと思います。

怪しいビジネスかどうかは是非自分の目で確かめてみてください。
公式サイトには連絡先もあるのでそこから問い合わせてみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です